profile

志水 秀行(シミズ ヒデユキ)

 

栃木県宇都宮市生まれ。

転勤族の父親のもと、名古屋~金沢~福岡~広島と各地を転々とする。その後、大学進学のため大阪へ。卒業後アパレルメーカーに入社、営業として5年間勤務。

 

2000年 27歳で退社。靴学校(西成製靴塾)~イタリア短期留学を経て靴職人に。


2003年 靴学校の同窓生とcaboche(カボシェ)を立ち上げる。翌年から紳士注文靴の受注を開始。デザイン、パターンおよび縫製を担当する。

 

2009年 この頃からなんとなく革小物の制作を始める。

靴の顧客にちょっとしたプレゼントができたらいいなと思ったのがきっかけ。この年に拠点を現在の昭和町(大阪市)に移す。


2012年 相方の独立を機に注文靴の製作を休止。

以降、靴パタンナー・製甲師・靴教室講師として活動する傍ら、自ら企画した革小物の制作・販売を行うように。

 

2014年 春先に突如体調を崩す。軽く考えていたが、病院で処方された薬があわずかえって重症化。以降、副作用や薬をやめたことによるリバウンドに苦しむ。「治ったらあんなことしよう、こんなことしよう」などといろいろ考えをめぐらせながら目下療養中、徐々に快方に向いつつある。

 

2020年『革小物手縫いの会』を始める。

同時にアトリエでのかばんの受注・販売も始める。

 

 

topに戻る  aboutに戻る