about

 

 

大阪・昭和町のちいさなアトリエで靴職人をするかたわら、革や帆布をつかった作品をつくっています。

  

caboche [カボシェ]とは古いフランスのことばで、靴の底などにうつ「釘」のこと。けしてめだちはしませんが、靴をつくるうえで欠かすことのできない大事なモノのひとつです。

 

また“頭でっかち”のことを揶揄する意味も。

 

寡黙でまっすぐな釘のように、ただひたすらにこつこつと、実直な姿勢でものづくりと向き合っていきたい。頭でっかちにはだけはならないように。そんな思いを込めて名付けました。

 

「けしてめだちはしないし、さして気にとめるものでもないけれど、ふと手にしたとき、ほんの少しだけこころがあたたかくなったり、ゆたかになったり」

 

そういうものをお届けしていければと思っています。

 

 profile    topに戻る